TikTokの規制なぜなの?

インドやアメリカにならって、日本でもTiktokアプリの使用を規制、制限しようとしているらしいです!

そもそも TikTok(ティックトック)は、中国製のアプリだったんですね!?使ったこともなくて、知りませんでした。

TikTokとは

TikTokとは、中国の ByteDance(バイトダンス)社 が開発、運営しているモバイル向けの、15秒短編動画投稿のアプリケーション

TikTokはなくなるの?

インドでは先月、TikTokを含めた中国アプリ59ほどの使用が禁止されたそうなんです。

アメリカでは、TikTokの使用禁止を検討しているとのことで、同じくオーストラリアでも禁止を検討しているそうなんです。

理由としては、やはり個人情報の流出、抜き取りが懸念されるということ。

以前にも、中国製のスマホ HUAWEI(ファーウェイ)の製品から、中国へ情報が流出するということで問題になりましたね。

香港ではTikTokは撤退していた

香港では、今月上旬にTikTok側から運営を停止、香港市場から撤退することにしたそうなんです。

香港が、中国政府の管轄下に入るかどうかが不明、なのが理由だという話もあるようですが、市場としては規模が小さく赤字だったという話も。

そもそも、香港国家安全維持法(国安法)が施行され、撤退が決まったとのことなのですが、これは中国が、香港の反体制的な活動を取り締まるための法。

この法律の施行により、当局からの内容の検閲や、利用者の情報提供、情報の削除などを求められた場合に、中国企業であるByteDance社は拒むことが難しいとうこと。

半面、先進国で多くの利用者がいるTikTok、親会社のByteDance社はブランドを守るためには、香港撤退もやむを得ないとしたようなんです。

TikTokのCEO

5月に、ディズニーの幹部だった、ケビン・メイヤー氏がTikTokの最高経営責任者(CEO)と同時に、運営会社のByteDanceの最高執行責任者(COO)に就任されました。

この方は、ビジネス界での実績ある大物で、ディズニーの動画配信を率いてこられた立役者なんですね。

TikTokは中国政府への情報提供はしない

TikTokでは、安心安全が最優先であり、中国政府からの利用者情報提供や、検閲には従わない方針を示していて、要請は受けたこともないとしていました。

また、TikTokは中国本土では利用ができない設計だそうで、それがアピールポイントの一つでもあったということ。

中国では、ByteDance社は、TikTokとは別で、同じような短編動画投稿のアプリケーション「抖音(ドウイン)」を展開しているそうなんです。

まとめ

日本もアメリカも、TikTok の使用禁止を検討してはいますが、TikTok 側のByteDance社では、わざわざ同じ動画投稿アプリを、中国用と分けて作っている。

そこまでして信頼性をアピールしているわけですが、これは一体どうなるのでしょうか。

先述のスマホ、HUAWEI(ファーウェイ)の製品も、その後も販売され続けていました。

そうはいっても、TikTok の市場はもうすでに大きなものとなっていますし、こういったことも見据えての、ケビン・メイヤー氏の就任なのかも知れません。

TikTok ユーザーにとっては、存続し続けてほしいところですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました