新型コロナ感染拡大防止の措置で出社停止とトイレットペーパーが最後の1コ

先週の金曜に通達があり、3月2日から3月15日までの2週間、出社禁止令が派遣先の会社さんから発令されました。

 

給料の補償もありますのでご安心くださいと説明があり、月曜日の今日は、お休みの日のように自宅で過ごさせてもらっているわけです。




朝9時過ぎに派遣元会社へ連絡を入れると、担当の方からも給料の補償はありますとのことで、通常通りにタイムカードの勤怠を入力をしてくださいとのことでした。

 

給料の補償までしてくれるなんて、ありがたい。

 

わたしの他にも何人も派遣の方はいらっしゃるというのに、会社すごいな。

 

しかも、年度末でとても忙しいこの時期に、お給料をもらいながら休めるとは、驚きです。

 

そこまでの措置がなされる新型コロナウィルスの流行、

 

ほんとうに、なんとか早く収束に向かってほしいと願うばかりなんですが。

 

個人的に、この2週間でどのくらい気温が春に近づくのかが、一番の解決の近道なんじゃないかと、希望的観測で早く暖かくなってほしいと祈るばかりです。

 

 そしてまさか、影響でトイレットペーパーや紙の製品が、お店から売り切れてしまうなんて思ってもみなかったんですが、

 

わたしの家にはもう、半個のトイレットペーパーしかなく、普通にドラッグストアへ買いに行ったら売り切れと言われてしまい・・・

 

他のドラックストアへ行っても売り切れの貼り紙、コンビニのトイレットペーパー売り場の棚はすっからかんで何もない状態。

 

こんな時に、日ごろの物の充実していることが、どんなにありがたいことだったのかと、身に沁みさせられます。

 

トイレットペーパーを毎回必要以上に使っていたなという反省も出てくるし。

 

お店に行けばあるもんだという認識しかなかったから、災害で避難する生活をせざるおえなくなった方々が、こんなどころではないであろうことも考えさせられました。

 

普段の生活が幸せなんだ、ということも。




あ~、それにしても、ほんとにトイレットペーパーはいつになったらお店に潤沢に並ぶのでしょうか?

 

とりあえず今できることとして、

 

流せるタイプのポケットティッシュを、6個入りで2パック買えたので、

 

なるべくウォシュレットを使用して、最後に最小限のトイレットペーパーを使って、なんとかしのいでいくしかないかなというところ。

 

そして、今度からは、最後の1コになってから買うのではなく、常に1パック以上のストックをしておきましょうという学習。

 

ほんとうにお店で買えなかったときは絶望しかなかったけど、どうにかしようと思えば、どうにかなるもんだとも思うし。

 

なんならこの際、トイレットペーパーがなくともトイレを終えらる方法を考え出す、とか。

 

前向きに、次回に活かして、このありがたい休みを、家で充実させようと思う次第です。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました