スポンサーリンク

バターコーヒーダイエットをやってみた効果と注意点

スポンサーリンク

 

40代になってから、年に1kgずつ増加していく体重、どこかで止めなければと、時々ダイエットを試してみるもののなかなか続きませんでした。

 

健康に楽しく暮らすためには、運動が日常であたり前でない私には、ダイエットは必須です。

 

体重増加で、体が重くなって動きづらくなって、今までなんともなかった膝が痛くなったり、服が入らなくなって困るなど、ほんとによくないことしかないんですよね。

 

昨年の6月からはバターコーヒーダイエットを取り入れていて、朝食にバターコーヒーだけを飲む、というのを続けていました。

 

ただ、普通のコーヒーとトーストのほうが美味しいということと、毎日ずっとそればかりは飽きるということで、

 

続けては休み、続けては休みを繰り返してはいますが、それでも現在も継続中です。

 

結果はというと、体重はあまり変わらず(笑)です。

 

、、、が、、

 

きちんと実行すれば、きちんと結果はついてくると思われます。

 

何故なら、体重があまり変わらずということは、太るという体重増加を食い止めてくれているということであり、

 

他の昼ごはんと夜ごはん、おやつはまったく気にせずに体重は維持できてるということで、痩せてはいませんが、カロリーコントロールはまあまあ上手くいっている、ということ。

 

なので、それほど苦にならずに継続しているのだと思います。

 

せっかくなので注意点などを書いていきたいと思います。

 

まずは、

 

バターコーヒーダイエットについて

アメリカのIT企業一大拠点、シリコンバレーで成功したIT起業家デイヴ・アスプリーが考案した、50キロ痩せた食事方法を紹介した著書のバターコーヒーが話題になり、日本でも流行りました。

 

牧草だけを食べて育った牛のミルクで作った「グラスフェッドバター」と、中鎖脂肪酸100%の「MCTオイル」をコーヒーに入れ、ミキサーで泡立つまで混ぜて作り、朝食の代わりに飲むというものです。

 

私はこちらの本を読まずに、ネットやAmazonのレビューを見てバターコーヒーダイエットを始めたので、デイヴ・アスプリー考案のものとは違って、実践された方の工夫などが加えられたものに、私のやり方も加わっていますが、やったことを書かせて頂きますね。

 

 

用意・準備するものとダイエットのやり方。

大きめのマグカップ・・・混ぜるときにこぼれてしまわないよう大きめのもの。

グラスフェッドバター 10g・・・アマゾンで1kg購入。カカオバターでも代用可。

MCTオイル 10g・・・アマゾンの定期便で購入。ココナッツオイルでも代用可。

HOTコーヒー・・・好きなもの。インスタントでもドリップでも。

ミキサー・・・100均のカプチーノ用のものやブレンダーなど。

 

作り方

大きめのマグカップにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れ、コーヒー200ccくらいを入れてミキサーで泡立つまで混ぜる。

 

やり方

朝食の代わりに飲み、夜は8時以降は食べない。

 

よく泡立てるとラテのようになり飲みやすくなります。あと、先にバターを入れてから熱いコーヒーを注がないと、バターが溶け切るまえに混ぜ始めるとまだ残った固形分が飛んでいきます(笑)

 

個人的な感想ですが、ラテのようにはなりますが、ラテほど美味しくはないです。ですが不味くもないです。全然飲めます。ただ夏は暑いので飲みづらく、氷を入れ過ぎると油脂分が浮いてくるのでついつい休んでしまいました。

 

グラスフェッドバターの購入は500グラムくらいのものが限度

アマゾンで検索していると、1kgの冷凍のものがコスパがよさそうだったので購入したのですが、1キロの凍った塊を切るのは危な過ぎました。

包丁だと刃が欠けてしまいそうになったので、食事に使うナイフを温めて4分の1ほど切り出しましたが、なかなかに大変でした。

残り半分になってからは全部冷蔵に移して、そこからナイフでそぎ取って最後まで使いました。

以降は欲張らずに、454g×2個セットのグラスフェッドバターを購入しています。こちらもコスパはとてもいいです。

 

ココナッツオイルでMCTオイルの代用

MCTオイルを切らしたときの代用には、黄色い容器に入ったバグイオのココナッツオイルを、カルディで912g1000円くらいで購入して代用しましたが、量を控えめにしないとお腹がゆるくなって困りました。

 

ココナッツミルクでも代用可能とネットで見たのでやってみましたが、液状なので泡立ちも、腹持ちもよくありませんでした。

 

カカオバターが案外よかった 

最初は高価なグラスフェッドバターの購入に躊躇して、お試しにAmazonで少量購入できるカカオバターで始めましたが、チョコレートの匂いがしてよく泡立ちました。

こちらもラテのように美味しいとまではいきませんが、まあまあ美味しく飲めました。バターがなくなったときの繋ぎの代用に今も常備しています。 

 

ミキサーは洗いやすい100均のものがいい

毎日飲むので毎日洗うことを考えると、100均のカプチーノ用に売られているブレンダーはとても洗いやすいです。

 

数週間で電池が切れるのでコード付きのものも探しましたが、洗うのが大変そうです。電池は充電池を100均で購入して、いつ切れてもいいように準備しておくことにしました。

 

最後に

これだけを朝食代わりにするだけで痩せるということはないと思いました。夜の8時以降食べないというのを守れないと体重減には至らないです。

 

私は8時以降は食べないというのは最初から守っていません。

ですが、朝食のカロリーが半分以下にはなるので、太るということもなく現状維持はできると思いました。

また何より、朝ごはんの用意を時短でき、食費を浮かせられるという大きなメリットがありました。

カロリーは抑えられるので、運動を組み合わせれば痩せられると思います。実際に歩くことを意識した間は締まりました。(続けられませんでしたが)

 

ただ、お昼になる大分前にお腹は空きます。バターとオイルの量を毎回10gしっかり計量せずに、だいたいで量が少なかったのもあるとは思いますが。

 

もちろん朝食抜きで職場へ行くよりも断然腹持ちもするし、集中もできます。椅子に座ってパソコン作業を毎日して、家からも、会社からも駅に近い私の運動不足な生活では、バターコーヒーの朝食と運動とセットでやれば効果は発揮されるんじゃないかと思います。

 

余談ですが、自転車通勤を取り入れられれば、ダイエット成功に近づけるのではないかとも模索していて、地下鉄で職場まで行くのと変わらないくらいの時間で行けるような、速い自転車を購入することも考えています。

 

手軽で、3日坊主の私がそこそこ続けられることができているバターコーヒーダイエット 、ダイエットをお探しの方に、一度試してみてもいいのではないかと思いますので、おすすめさせて頂きます。

 

ダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
taicerをフォローする
スポンサーリンク
4580タワー

コメント

タイトルとURLをコピーしました